FC2ブログ
スピリチュアルな視点で自分と向き合い、気付いたことを綴っています
感謝
2011-05-22 Sun 00:00
昨日までの記事は約3年前~1ヶ月前の状態を、自分の心の記録として綴っていました。

では、今の自分が置かれている状況がどうかというとあまり変わっていません。

でも、別の人生があるような感覚はだいぶ薄らぎました。
いつでも、どのタイミングでも人生の選択をしてもいいと知ったからかもしれません。

心の黒い部分に関しても「そのままでいいよ」と心から思えるようになりました。
それも自分の一部と認められたから。

そして日々、とても心穏やかに過ごすことができています。
やっと108さんの言う「別の領域」や幸せが向こうからやってくるシンプルな法則で書かれている「見えない世界」を垣間見ることができるようになったからかもしれません。

私は今まで色んな本を読んで理解して実践してきたつもりでしたが、その時はやっぱりわかっていなかったんだと最近思います。
やっとチケットの内容や108さん、そして達人と言われている方々が仰りたいことが腑に落ちるようになってきました。

うまく書けませんが、わからない・実現しない等はそれは誰が悪いわけでもなく、ゴールに辿り着くには色んなルートがあるだけなんだと思います。
1冊の本を読んでゴールに辿り着ける人もいれば、100冊読んでもダメで現実のふとした会話からいきなりゴールに辿り着ける人もいる。そんな感じなのではないでしょうか。

泳ぎを覚える時もいきなりプールに落とされて、もがいているうちに泳げるようになってしまう人もいれば、溺れた事がトラウマになって水が怖いことを克服しないと泳ぎを覚えられない人もいます。
結局水が怖いことから離れられず一生泳げない人もいますし、溺れた事さえ忘れ、丁寧にそして理論的に教えてもらったほうが泳ぎを覚えられる人もいるでしょう。
それと同じで私も色んなアプローチをしては挫折…を繰り返しながらも少しづつ体感して、初めて理解しはじめたのかもしれません。

本当にそこにあることが。
そして、青い鳥がすぐそこにいたことが。

ただ、それを知っても尚、

「またダメじゃん…orz」

と凹む事もあるかもしれませんが、以前とはきっと違うと思います。

だからこそ言語化し、色々な表現を用いて伝え続けて下さる方々には本当に感謝しかありません。
いつか少しでも還元できるよう、今後も精進します。

スポンサーサイト



別窓 | 第3章 実践中 | コメント:0 | トラックバック:0
| 青い鳥はそこにいた |